2016年9月4日

理念

当院の施術が目指すもの

カイロプラクティックを予防に役立てましょう

 

「病院へいって精密検査を受けても、どこも悪くないと言われました。でも私は体調が悪いのです。」
「レントゲンでは異常なしと言われて、薬を飲んだり、シップを貼ったりしたけれど、少しも腰の痛みがとれない。
でもどこへ行ったらいいのか分からないのです。」
こんなお言葉をよく耳にします。
当院では、身体をホリスティック(全体論的)に診る治療法(カイロプラクティック、オステオパシー)を行っています。
人間は血管系、神経系、筋肉系、骨格系、すべてが集まってつながりあっていて、どれひとつがバランスを崩しても健康は維持できません。
当院が一番大切にしているのは、健康の基盤がさまざまな身体システム間の正しい関係の維持にあるという信念です。
もともと、身体には自然に治る力が備わっていると信じているのです。
手技はまず脳脊髄液(脳と脊髄はこの液体に浮かび浸されている)の循環を促します。
そして身体の呼吸運動を活発にし、より多くの酸素が血液に流れ込むのを助けます。
そうして、消化・呼吸・循環・脳機能バランスを回復することに役立つのです。
当院では、患者さんお一人お一人が、本来の身体の治癒力を取り戻し、健やかな生活が送れるよう細やかに対応させて頂きます。

「カイロプラクティック」と「整体」の違い

よく「整体」と「カイロ」とはどう違うのかと聞かれることがありますが、「整体」は古くから民間療法として伝わり、「治す術」として発達したものです。診断、即治療が「整体」の特徴です。
これに対して、カイロプラクティックは「医学」として広まり、問診、視診、触診、姿勢検査、整形学検査などの結果を重要視しています。
なぜなら、頭痛や腰痛の原因は一つではなく、数多くあるからです。
それらを鑑別して、一人一人にあった治療を心がけています。

ご自分の身体感覚を取り戻しましょう!

ご自分の身体の感覚を取り戻しましょう

現代の病気の診断は、検査が主流です。
しかし、検査だけに頼りきってしまい、危険な状況を見逃してしまったり、いくら検査しても異常がなかったけど、具合が悪いという人は大勢います。
だから、普段から自分の体調を自分で感じる感覚を身につけておくことが大切なのです。
痛みなどの肉体的苦痛はともかく、疲れや動く気力がないなどの徴候を異常と感じる感覚が、今の人達は希薄になっています。
夜も昼もない明るさ、寒暖も暖房・冷房が行き渡っているので、少々の身体の狂いは無視できるでしょうが、そこに病気の信号が隠されているのです。